光明第七保育園の地図

資料書式 プリントアウト

社会福祉法人多摩養育園

おたより

■ 2019/06/01

5月活動報告

交通安全教室
  保育園の近くにある宮下駐在所のおまわりさんと交通安全協会の方々が保育園に来園し、交通安全指導をしてくれました。いつ渡ったら安全なのか、どのようにして渡るのか等の話を聞いて、園庭に設置された信号機や横断歩道を使い、実際に道路を渡る練習をしました。おまわりさんのお話をしっかりと聞いて、上手に渡ることが出来ました。その後の散歩の時には教えて頂いたことしっかり守って横断歩道を渡ることが出来ました。
 

★デイキャンプ
  暑い位に晴れていた5月27日(月)、道組がデイキャンプに行ってきました。これまでデイキャンプに向けて、保育園でも人参等の皮むきや包丁の練習をしてきた子ども達。「今日はカレーを作るんだ!」と行く前から張り切っていました。自然の中で調理をしたり、薪に火が付きホカホカのご飯が炊けるのを見たりと、たくさんの経験をした子ども達。みんなで協力して作ったカレーライスは格別だったようで、ペロッと完食していました。合間にはゲームやアスレチックを楽しみ、大満足の子ども達でした。


  

■ 2019/05/07

4月活動報告

観桜会
4月6日(土)に保育園に隣接する、多摩特養老人ホーム主催の観桜会で、道組の子ども達が和太鼓を披露しました。道組になって初めての行事となり、ホームの御利用者様の前で少し緊張気味でしたが、これまでの練習してきた成果を発揮出来た演奏になりました。御利用者様から大きな拍手やプレゼントを貰い、嬉しそうな子どもたちでした。

 

花まつりの集い
4月8日(月)はお釈迦様の誕生日。お釈迦様誕生の話を聞き、皆で花御堂のお釈迦様に甘茶をかけて、お祝いをしました。お釈迦様は、誕生されるや右手をあげて天を、左手で地を指し、「天上天下唯我独尊(生きとし生けるものみな尊い命をもっている)」と言われたそうです。お釈迦様の教えを受けて、子どもたちが健やかに育つよう願っています。集いの後には、甘茶をみんなで飲みました。年長組は、雲龍寺へ出かけて理事長先生のお話を聞いてきました。

  

■ 2019/04/01

3月の活動報告

ひなまつりのつどい
 3月1日(金)にひなまつりのつどいがありました。一階ホールに集まり、保育者からひなまつりの習わしを聞きました。そして各クラスのかわいいひな人形の製作の紹介がありました。「たのしいひなまつり」の歌に合わせて、保育者が紙人形を貼り付けていきました。「♪おだいりさまとおひなさま~」の歌詞をうたうと、何とお内裏様とお雛様になった保育者の顔が!そのサプライズに子ども達の歌声と笑い声が響き渡りました。
 

お別れ遠足
 3月13日(水)に年長組と年中組でお別れ遠足で江の島水族館へ行きました。皆揃ってバスに乗り、歌をうたったり、お喋りしながら目的地へ向かいました。現地では風が強く驚きましたが、たいようグループ・にじグループに分かれ、イルカショーやくらげのショーを見て楽しみました。よちよち歩きのペンギンもかわいかったです。お母さんが早朝から作ってくれたお弁当も美味しくいただきました。
  

お別れ会
 3月18日(月)は、年長組の卒業を祝って、お別れ会がありました。年長組のお友だちが舞台に上がり、司会の保育者からインタビューを受け、ハキハキと答え、立派でした。次に、保育者から「シンデレラ」の劇のプレゼント。ちょっぴりコミカルな女王様といじわるお姉さまの演技に会場では笑い声が聞こえてきました。0歳児クラスから現在の年長さんの軌跡のスライドショーがありました。かわいらしい赤ちゃんの写真からしっかりと逞しく育った現在の
姿までが映し出されました。スライドショーを見て、卒業するのが淋しくなり、涙を流してしまうお友だもいました。そして、年長組さんから、かわいらしい手作りの日めくりカレンダーのプレゼントを貰いました。皆で大切に使わせていただきます。年長組のお友だち、小学校へ行っても元気にお勉強やスポーツ頑張って下さいね!

  

■ 2019/03/01

2月活動報告

豆まきのつどい
 2月といったら豆まき!豆まきといったら鬼!今年も保育園に鬼がやって来ました。子どもたちはなんだか朝からそわそわ。「今日鬼来る?」と不安そうにする子や「鬼怖くないし!」と強気な子もいました。自分たちで作った鬼のお面をつけた子どもたちは「鬼は外!福は内!」と元気に豆をまいていました。中には泣き出す子もいましたが、最後は鬼が謝って、みんなで仲直りをしました。給食には鬼の顔のドライカレーが出ました。泣いていた子も美味しそうに食べていました。

  

作品展
 今年も自園で開催した作品展。子ども達の作品と共に、製作時のエピソードや日常生活の写真を多く展示したことで、日々の子ども達の様子がわかりやすいと言う声がありました。試食コーナーでは魚の3分クッキングや日々のおやつの展示があり、レシピもとても好評でした。子ども達の作品を見ながら親子で、「これ、どうやって作ったの?」「僕が作ったのはこれだよ!見て!」などとたくさんの会話が聞こえました。
  

■ 2019/02/01

1月の活動報告

★新年の集い
 「あけましておめでとうございます」と元気よく新年の挨拶をし、「今年は何年かな」と聞くと「猪年!!」と元気な声が聞かれました。新しいだるまにも目入れを行い、真剣に見ていました。保育者による「十二支」の紙芝居を見たり、古くから伝わる正月遊びを楽しんだりして過ごしました。子どもたちはカルタ・すごろく・こままわし等の遊びに興味を持ち楽しんでいました。
    


★まゆ玉
 宮下町の夢追いシニアクラブの方々にお手伝いして頂き、子どもたちと今年一年間の無病息災や野菜や繭の収穫を願い繭玉作りに取り組みました。元気な子ども達の姿に「楽しかったわ」「元気がでたわ」と楽しんで参加して頂けたようでした。子ども達も「こうやるの?」「上手にできたー。見てー。」と楽しんでいました。
    

■ 2019/01/01

12月の活動報告

もちつき
保育園の園庭で、もちつきを行ないました。子どもたちだけでなく、地域の方々も一緒に参加していただきました。「よいしょ、よいしょ」の元気な掛け声とともに子どもたちが力強くもちをつきました。ついたもちで、地域の方と一緒に鏡もちも作りました。乳児組の子どもたちは幼児組のもちつきの様子を見学した後、もち米がもちになる様子を見て、乳児組、幼児組共にもちつきを楽しみました。幼児組は給食であんこもちときなこもちを食べました。
  


★クリスマス会
今年のクリスマス会は、職員が『ハンドベル』の演奏を行いました。子ども達が知ってる曲もあったので、みんなで一緒に歌いました。また、ボランティアで純心女子大学のお姉さん達がいらしてくれ、クイズでみんな盛り上りました。その後は、遠くから鈴の音が聞こえてきて、サンタクロースの登場です。子どもたちは手をたたいて大喜び!サンタクロースに質問をしたり、笑顔で一緒に写真を撮ったりし、プレゼントをもらいました。

  

■ 2018/12/01

11月活動報告

芋煮会
 いも掘りで収穫した大きなさつまいもで芋煮会を行ないました。今年も道組が地域の方と一緒に芋煮を作り、包丁の持ち方や調理の仕方を優しく教えて頂きました。地域の方との会話も弾み楽しく作っていました。部屋中にいい香りが漂い、匂いにつられてお部屋を覗きに来る愛組・和組の姿が可愛らしかったです。心を込めて作られた芋煮は給食の時にみんなで食べました。とてもおいしかったです。
    

おにぎり作り
 道組が育てていたお米の収穫と脱穀が終わり、愛情いっぱいのお米を使っておにぎり作りをしました。自分の食べる分のおにぎりを握り、力を加減したり形にこだわったりしながら特製おにぎりが出来ました。大きな口で美味しそうに食べていました。
    

★人形劇
 劇団による「どうぞのいす」の人形劇がありました。地域のお友だちも見に来てくれて、かわいい人形の登場にみんな釘づけになって見ていました。「かわいかったね」「楽しかったね」と様々な感想が聞かれました。12月に行われるお遊戯会では園児のみんなが主役。今から楽しみです。
  

■ 2018/11/01

10月活動報告

★ひかりの子どもの運動会
ここ2年、天気に恵まれず体育館での開催だった運動会。今年も?と不安がよぎる前日の雨…
しかし、みんなの思いが通じたのでしょう。今年は校庭で開催することができました!朝は雲が空を覆っていたものの、競技が進むにつれ、夏を思わせるような暑い日差しの下、子ども達は自分の力を存分に発揮していました。ゴールを目指して走る姿がかわいらしい乳児クラス、かっこいいヒーローに変身した愛組、みんなと息を合わせて頑張った和組のパラバルーンなど、発表する喜びやみんなで一つの事をやり遂げる達成感を感じる事が出来ました。そして、園生活最後の運動会となる道組の組体操…みんなの気持ちが一つになって難しい技も見事に成功!大きな拍手に包まれ、とても感動的な演技となりました。

 

★芋掘り
 運動の秋、読書の秋、食欲の秋…さまざまな秋がありますが、子ども達が楽しみにしているのは収穫の秋!そう、「芋掘り」です。今年も地域の方のご協力を得て、畑をお借りしました。長く伸びたサツマイモのツルを両手でつかんで「うんとこしょ、どっこいしょ」と力いっぱい引っ張る子ども達。
土の中からすっぽん!と抜けたサツマイモは栄養をたっぷり含んで大きく育っていました。子ども達が持ち帰ったサツマイモ、きっと食卓の話題になったことでしょうね。園でも秋の実りに感謝して、「芋煮会」でおいしくいただきましょう。

 

★高尾山遠足
道組が高尾山へ遠足に行きました。高尾山の入口でバスを降り、山登りのスタートです。一歩一歩山頂目指して登る子ども達…その後ろ姿が何とも頼もしい!そうしてたどり着いた山のてっぺん。
思わず大きく深呼吸。登り切った達成感が山の空気をさらにおいしくしてくれました。さあ、お楽しみのお弁当タイム。広い空の下で食べるお弁当は格別ですね!599mから見る景色も楽しんで園に帰って来た子ども達は、「沢山歩いたから疲れたけれど、楽しかったよ!!」と満足そうな顔で話してくれました。

 

■ 2018/10/04

9月の活動報告

敬老会
 毎年恒例の敬老会では、子どもたちの祖父母の方々や地域の方をお招きし、歌や和太鼓の発表、おじいちゃんおばあちゃんとの触れ合い遊びを楽しみました。触れ合い遊びでは、「なべなべそこぬけ」を楽しんだり、太鼓発表を見たり、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に楽しいひとときを過ごしました。

  


ぶどう狩り
 ぶどう狩りでは、大きなぶどうがたくさんなっている光景に、子どもたちはとても感動していました。その中で自分で選んだぶどうを保育者と一緒に採り、自然の中でとても良い経験ができました。ぶどう狩りが終わった後は、金川公園でお弁当を食べ、楽しい一日を過ごしました。

  


■ 2018/09/01

8月活動報告

プール遊び
 乳児クラス、幼児クラスそれぞれプール遊びを楽しみました。乳児クラスのお友だちは、はじめは恐る恐るプールの中の水に触る子もいましたが、プール遊び後半になってくると自分からプールの中に入り、バシャバシャと水を跳ねさせて遊んでいる姿がみられました。幼児クラスは、屋上にある大きめのプールに入ります。水をかけ合ったり、バタ足で泳いだり、友だちと一緒にジュース屋さんごっこをするなど、元気いっぱいに遊び暑い夏を乗り切りました。

  

★泥遊び
 夏ならではの体験で、プール遊びに加え、園庭での泥遊びも子どもたちに人気の活動です。砂場に水をたくさん入れ、ドロドロにした場所に足を入れてみると思わず「うわー」という声が上がっていました。手や足などにも泥を塗ったり、踏んでみたりして泥の感触を全身で感じながら遊びを楽しみました。

  
 

前の記事次の記事

光明第七保育園

〒192-0005 東京都八王子市宮下町354

TEL.042-691-1847

社会福祉法人 理事長 足利正哲

Copyright ©2013 Koumyoudainana Nursery School. All Rights Reserved.